1. インフルエンザは初期症状の時点で薬を飲んでもいい?
  2. インフルエンザと風邪の一番の違い
  3. インフルエンザの症状である発熱
閉じる

リレンザの成分と効果、副作用

リレンザは気道や肺の細胞に感染したウイルスの増殖を阻止するための抗ウイルス薬です。
発症を予防する目的で使用されることもあります。

リレンザは飲み薬ではなく、口から薬剤を起動や肺に吸引するタイプのお薬です。服用方法ですが、専用の吸入器具を口にくわえて薬剤を一気に吸い込みます。
気道や肺などのウイルスが感染・増殖する場所に直接薬剤が届くため、即効性が高いという特徴があります。
薬剤は全身ではなく呼吸器官しか作用しないため、副作用が出にくくて安全性が高いです。

リレンザ吸引薬なので、吐き気がある場合でも利用できます。ただし、吸引に失敗すると十分な効果が得られないので注意が必要です。

リレンザに含まれる薬効成分であるザナミビルは、ウイルスが人体の細胞に入り込んで増殖する際に、宿主の細胞から脱出ために必要な「ノイラミ二ダーゼ」の働きを阻害する効果があります。
リレンザの成分によってウイルスは細胞内に“監禁”されてしまい、他の細胞に感染することができなくなることで爆発的な増殖を抑えることができます。

リレンザは吸引薬で内服薬よりも安全性が高いのですが、稀に副作用が出る場合があります。
喘息などの呼吸器系の持病がある人の場合には、薬剤を吸入した際に喘息の発作が起こったという事例が存在します。
喘息の発作が起こると、気道が狭くなって呼吸困難に陥る恐れがあります。
喘息の人がリレンザを服用する場合には、あらかじめ喘息用の薬を吸入しておくようにしましょう。

ごく稀に、リレンザを服用するとじんましんや腹痛、頭痛などの副作用が出る場合があります。
これらの副作用が出た場合には服用を中止して、医師の診察を受けるようにしましょう。

リレンザは飲み薬ではないので、副作用で胃腸などの消化器官系の不調が起こりにくいという特徴があります。
薬を飲むと胃腸が悪くなるという場合には、内服薬よりも吸入薬であるリレンザの方がおすすめです。

リレンザは予防薬にもなるのでおすすめ

リレンザのメリットは、小型の吸引器具を持ち歩けば水がなくてもすぐに吸引して服用することができることです。
外出中でも毎日決まった時間に吸引することにより、病気の予防効果を維持することができます。

リレンザは水がなくても手軽に吸引して服用することができる上に、副作用が出にくくて安全性が高いので、予防薬としておすすめです。
予防目的でリレンザを服用する場合には健康保険が適用されないので自費診療となりますが、医療機関で医師の診察を受ければ処方してもらうことが可能です。

リレンザを予防薬として服用する場合には、10mg(5mgブリスター2個分)を1日1回吸入します。
大人も子供も吸引する量や頻度は同じで、最大で連続10日間まで服用することができます。
吸入する間隔はなるべく24時間おきになるようにして、一定の間隔を保つと効果的です。
服用するタイミングはいつでも構いませんが、毎日決まった時間に服用するようにすると良いでしょう。

リレンザの予防効果は服用を継続している期間中にのみ持続します。
もしも1回でも服用を忘れてしまうと予防効果がなくなってしまうので注意が必要です。
リレンザを予防薬として服用することができるのは最大で連続10日間です。
予防ができる期間が限られているため、服用するタイミングを慎重に考慮する必要があります。

リレンザを予防目的で使用する場合には、仕事や受験、旅行などの大切なイベントの1週間前から服用を開始することができます。
もしも服用を開始する前に発病したとしても、1週間程度で完治するので、大切なイベントをキャンセルしなくても済みます。

大切なイベントを控えていてどうしても病気でキャンセルしたくない場合には、予防のためにリレンザが一番おすすめです。

おすすめ記事

  1. インフルエンザは初期症状の時点で薬を飲んでもいい?
  2. インフルエンザと風邪の一番の違い
  3. インフルエンザの症状である発熱
ページ上部へ戻る