1. インフルエンザは初期症状の時点で薬を飲んでもいい?
  2. インフルエンザと風邪の一番の違い
  3. インフルエンザの症状である発熱
閉じる

カテゴリー:未分類

リレンザは気道や肺の細胞に感染したウイルスの増殖を阻止するための抗ウイルス薬です。発症を予防する目的で使用されることもあります。リレンザは飲み薬ではなく、口から薬剤を起動や肺に吸引するタイプのお薬です。服用方法ですが、専用の吸入器具…

タミフルについて、ご存知の方も多いでしょう。オセルタミビルを主成分としており、A型とB型のインフルに加え、新型の物にも効果があります。このオセルタミビルという成分には、ウイルスの増殖を助ける、ノイラミニダーゼという酵素を阻害する働き…

子どもの場合にはインフルエンザの初期症状として寒気が挙げられます。寒気は子ども特有の初期症状で寒気がした段階では熱は出ず、24時間以内には高熱が出ます。およそ38.5度以上の高熱が出ていればインフルエンザである可能性が高いです。…

インフルエンザウイルスは非常に強い感染力を持ち、人体の細胞に感染した後の増殖スピードが非常に速いという特徴があります。インフルエンザに感染すると、ウイルスが気道や肺などの細胞に入り込んですぐに増殖を開始します。潜伏期間には体の免疫が…

毎年冬の時期になると、世界各地でインフルエンザの流行が起こります。インフルエンザはウイルスによって発症する病気なので、抗生物質が効きません。そのため従来はインフルエンザに罹患したら体の免疫系がウイルスを除去するのを待つしか方法がなく…

毎年冬になると、風邪やインフルエンザが大流行します。両者ともウイルスの感染によって引き起こされる呼吸器系の病気なので、発熱・のどの痛み・咳・くしゃみ・鼻水などの症状が出ます。一般的にインフルエンザの場合には何日も高熱が続き、筋肉痛や…

「風邪」と日常的に使用していますが、医学的にそのような病気はなく、いろいろな感染症の総称として風邪と呼んでいるのです。インフルエンザと一般的な風邪を比べてみると、一番大きな違いは感染力にあるといえます。通常の風邪であれば、さほど感染…

高熱が出たからと言って必ずインフルエンザであるとも限らず、そのような症状の感染症は他にもいくつもあります。逆に、熱が出ないからインフルエンザではないとも言い切れず、やはり正しく判断するためには病院へ行かなければわからないのです。病院…

毎年冬になると大流行するインフルエンザ、一度はかかったことがあるという人も多いでしょう。中には寝込んでしまうほど高い熱が出てしまうこともあり、食欲がなくなり、とてもひどい症状に悩まされる人も少なくありません。家族の中で誰かひとりでも…

ページ上部へ戻る